とんかつ

「とんかつ」とは?

「とんかつ」は、豚肉を揚げて作る日本料理です。

豚のロースやヒレ肉を、小麦粉、卵、パン粉などを組み合わせたころもに包み、比較的低温の食用油で長めに揚げます。

美味しくて栄養があり、日本ではとても人気の料理です。

とんかつの食べ方

とんかつには、「とんかつソース」と呼ばれる特性のウスターソースをかけて食べます。

「とんかつ」単体で食べるよりも、白米のおかずとして食べるのが一般的です。

薬味には、お好みで辛子を使います。

とんかつには多くの場合、細かく刻んだキャベツが付け合せで出されますが、キャベツにもソースをかけて食べるのが一般的です。

通常は、食べやすい形に切った状態で出されるので、ナイフは必要ありません。とんかつの身は以外に繊細で形が崩れてしまいやすいので、フォークで食べるのは難しく、箸で食べるのが望ましいでしょう。

とんかつの歴史

1895年創業の老舗洋食屋「煉瓦亭(れんがてい)」が、1899年から提供した「ポークカツレツ」という料理が、現在のとんかつと同じ調理法をしていたと言われています。

「とんかつ」という名称がどこで定着したのかは、正確にはまだわかっていません。

当時は「洋食屋」で提供される料理でしたが、現在は和食として捉えられており、白米、味噌汁、漬物がセットで出されることが多くなっています。

現在の日本には、全国に「とんかつ専門店」があり、日本人にとってとても馴染みのある定番料理の一つになっています。

様々なとんかつ料理

日本には、様々なとんかつ料理が存在します。

カツ丼

「カツ丼」は、「とんかつ」をご飯の上に乗せたどんぶり料理です。「とんかつソース」ではなく、通常は「出汁」を使って味付けをします。

「とんかつソース」で味付けをしたカツ丼もあり、「ソースとんかつ」と呼ばれます。

カツカレー

「カレーライス」の上に「とんかつ」をトッピングした料理は「カツカレー」と呼ばれます。

カレーのルーをとんかつにかぶせて食べる場合もあれば、さらに上からソースをかけてとんかつを味付けする場合もあります。どうやって食べるかは好みが別れます。

カツサンド

サンドイッチの具に「とんかつ」を使ったものは、「カツサンド」と呼ばれます。基本的には「とんかつソース」で味付けをします。